PR

国連事務総長「即時停止」求める イスラエルとパレスチナ衝突で

PR

 【ニューヨーク=平田雄介】国連のグテレス事務総長は11日の声明で、パレスチナのロケット弾発射とイスラエル軍の空爆で死傷者が多数出ていることに「深い懸念」を示し、衝突の激化は「即時に停止されなければいけない」と訴えた。

 グテレス氏は、パレスチナ自治区ガザで子供を含めた犠牲者が、イスラエルで死者がそれぞれ出ていることを「深く悲しんでいる」と表明。イスラエル軍に対して「力の行使を最大限自制」するよう求め、パレスチナによるロケット弾の無差別発射は「受け入れられない」と非難した。

 衝突激化を受け、国連安全保障理事会は非公開で10日に情勢を協議。12日も議論を続け、声明の発表など一致した対応を目指す。

この記事を共有する

おすすめ情報