PR

米フロリダでも投票制限法 トランプ氏の虚偽主張影響

PR

トランプ前米大統領(ロイター=共同)
トランプ前米大統領(ロイター=共同)

 米南部フロリダ州のデサンティス知事(共和党)は6日、投票の機会を事実上制限する州法案に署名、同法が成立した。バイデン大統領の民主党側は黒人や中南米系、障害者らに不利になると批判。市民団体は制限を止めるため即日提訴した。

 共和党内で影響力を保つトランプ前大統領による「大統領選が不正で盗まれた」との虚偽主張を踏まえた動き。共和党が主導権を握る南部ジョージア州でも同様の州法が成立。南部テキサス州では立法化の動きが進む。

 ジャンピエール大統領副報道官は6日、州法は「うその上に築かれたものだ」と非難した。フロリダ州法は期日前投票の時間を大幅に制限し、有権者の身分証明の厳格化や郵便投票希望者に選挙ごとの申請を義務付けるなどの内容。黒人は民主党支持が多く、郵便投票を活用する割合が多いとのデータがある。(共同)

この記事を共有する

関連トピックス

おすすめ情報