PR

台湾に初のワクチン到着 アストラ社製11万7千回分

PR

 英製薬大手アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンが3日、台湾北部の桃園国際空港に到着した。台湾にワクチンが届いたのは初めて。11万7千回分。陳時中衛生福利部長(衛生相に相当)は記者会見で、医療従事者を優先に接種すると明らかにした。アストラ社製ワクチンは1人2回の接種が原則。陳氏は今回のワクチンは全て1回目の投与に当てる方針を示した。(共同)

この記事を共有する

おすすめ情報