PR

バイデン大統領、ワクチン「5月末までに米国の全成人に」

PR

バイデン大統領(AP=共同)
バイデン大統領(AP=共同)

 【ワシントン=住井亨介】バイデン米大統領は2日、ホワイトハウスで新型コロナウイルスの対策について演説し、「5月末までに米国の全成人に行き渡らせるワクチンを確保する」と述べた。これまでは7月末までに全米国民(約3億人)にワクチンを供給するとしていたが、米製薬大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)製ワクチンの実用化で、目標を前倒しした形だ。

 バイデン氏は、2月下旬に米食品医薬品局(FDA)の緊急使用許可が出たJ&J製ワクチンについて、米製薬大手メルクが製造で協力することを明らかにした。メルクの2拠点で製造が行われるという。

 ワクチン普及に向け、実用化が遅れたJ&J製ワクチンの製造を後押しするのが狙い。朝鮮戦争時に軍需物資増産のために制定された国防生産法を活用して、ワクチン製造に必要な物資の生産も促す。

 先行して実用化された米ファイザー製と米モデルナ製は2回の接種が必要だが、J&J製ワクチンは1回の接種で済む。2~8度で保存でき、取り扱いが容易なことからワクチン普及の期待がかかっていた。

この記事を共有する

おすすめ情報