PR

EU、ワクチン接種や検査結果にデジタル証明 月内に法案

PR

フォンデアライエン欧州委員長(AP)
フォンデアライエン欧州委員長(AP)

 【パリ=三井美奈】欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長は1日、新型コロナウイルスのワクチン接種歴や感染検査の結果を示すデジタル証明発行をめざす考えを示した。ツイッターで「今月中に法案を発表する」と述べた。

 フォンデアライエン氏は「観光や仕事のため、EUや域外で徐々に移動しやすくするのが目的」だとしている。データ保護、プライバシー確保の重要性にも言及した。

 EUでは、観光産業の再開を急ぐギリシャやポルトガル、オーストリアなどが、ワクチン接種の共通証明の発行を提案。これに対し、フランスやベルギーは「接種を受けられない人への差別を生む」と否定的な姿勢を示していた。

 フォンデアライエン氏の提案は、ワクチン接種歴だけでなく、感染検査の結果や罹患(りかん)歴などの情報を盛り込む証明書とすることで、双方の合意を得たい狙いがある。EUは今夏までに、成人の7割のワクチン接種を目指している。

この記事を共有する

おすすめ情報