PR

米ホワイトハウス「失望」 イラン核協議不参加で

PR

 【ワシントン=住井亨介】米ホワイトハウスの報道担当者は2月28日、イラン核合意の全当事国による非公式会合にイランが不参加を表明したことについて、「イランの返答に失望している」とコメントした。

 報道担当者は「われわれは依然として、双方が核合意を順守するため意味のある外交に再び参加する用意がある」としたうえで、合意当事国の主要6カ国で「最善の方法について協議する」と述べ、対話を維持する姿勢を示した。

この記事を共有する

おすすめ情報