PR

バイデン米大統領とサウジ国王が電話会談 記者殺害で近く報告書

PR

バイデン米大統領(ゲッティ=共同)、サウジアラビアのサルマン国王
バイデン米大統領(ゲッティ=共同)、サウジアラビアのサルマン国王

 【ワシントン=住井亨介】バイデン米大統領は25日、サウジアラビアのサルマン国王と就任後初めて電話会談を行い、人権と法の支配を重視するとともに、「二国間関係をできるだけ強固かつ透明に」していく考えを伝えた。ホワイトハウスが明らかにした。

 サウジのムハンマド皇太子の関与が取り沙汰される2018年のサウジ人記者、カショギ氏殺害事件をめぐり、米情報機関が近く報告書を公表するとみられているが、会談で取り上げられたかは不明だ。

 ホワイトハウスによると、会談では、サウジが介入するイエメン内戦の終結に向けた方策が協議されたほか、親イラン武装勢力から攻撃を受けるサウジの防衛に米国が協力することも話し合われた。

 トランプ前米大統領はムハンマド皇太子とやりとりを交わすことが多かったが、サキ大統領報道官は「バイデン氏のカウンターパートはサルマン国王だ」と明言していた。

この記事を共有する

関連トピックス

おすすめ情報