PR

バイデン氏、カナダ首相とバーチャル首脳会談 「初の二国間会談」と位置づけ

PR

23日、オンライン首脳会談に参加するバイデン米大統領(右)と、モニターに映し出されるカナダのトルドー首相=ワシントン(ゲッティ=共同)
23日、オンライン首脳会談に参加するバイデン米大統領(右)と、モニターに映し出されるカナダのトルドー首相=ワシントン(ゲッティ=共同)

 【ワシントン=黒瀬悦成】バイデン米大統領は23日、カナダのトルドー首相とモニター画面を通じたバーチャル方式の首脳会談を行った。ホワイトハウスはこれまでの各国首脳との電話会談を除く「最初の二国間会談」としている。新型コロナウイルス危機を受けた海外への渡航制限が続く中、バイデン政権は今後も各国首脳との会談でバーチャル方式を取り入れていく可能性がある。

 バイデン氏は会談後の声明で、両国が気候変動問題に協力して取り組んでいくため、閣僚級協議の枠組みを新たに設置すると発表した。新型コロナ危機で打撃を受けた経済の迅速な回復に向け、「サプライチェーンの強化」で協力することも確認したとしている。

 トルドー氏も、コロナ危機の克服と「より良き明日の構築」に向けてバイデン氏と一緒に取り組んでいくと強調した。

この記事を共有する

おすすめ情報