PR

米国務長官が天皇誕生日に祝意 「バイデン大統領が訪日を切望」

PR

ブリンケン米国務長官(AP)
ブリンケン米国務長官(AP)

 【ワシントン=黒瀬悦成】ブリンケン米国務長官は22日、天皇誕生日(23日)に合わせて声明を発表し、天皇陛下への祝意を表明した上で「バイデン大統領と私は日本を訪問し、(日米の)大切なパートナーシップを深め、拡大し続けることを切望している」とし、訪日への意欲を明らかにした。

 ブリンケン氏は、バイデン氏と菅義偉首相が先月の電話会談で「日米同盟は自由で開かれたインド太平洋の平和と繁栄の礎石だと改めて確認した」と指摘。また、「日本の世界における指導力をたたえ、両国間の結束を向こう1年間で一層強化させることを楽しみにしている」と強調した。

 民主主義や人権の擁護、気候変動対策や新型コロナウイルスの封じ込め、地域や世界規模の安全保障分野での懸案への対処などといった、日米共通の価値観や利益も両国の揺るぎないパートナー関係の基礎を成しているとも指摘した。

この記事を共有する

おすすめ情報