PR

米、対中関税「当面維持」 イエレン財務長官、環境では協力も

PR

イエレン米財務長官(AP)
イエレン米財務長官(AP)

 【ワシントン=塩原永久】イエレン米財務長官は18日、中国に不公正貿易の是正を迫る一方、気候変動問題などでは「協力する必要がある」と述べた。対抗と協調の両面から対中関係を築くべきだとの考えを示したが、中国からの輸入品に課した制裁関税は「当面は維持する」とした。

 イエレン氏は米CNBCテレビで、中国が技術移転の強要や産業補助金などの「さまざまな不公正慣行」を残していると指摘。問題に直面する日本など「同盟国と一緒に是正を迫る」方針を強調した。

 一方、環境分野や核不拡散、新型コロナウイルス対策などでは「(中国との)協力なくして成功しない」と話し、対中政策では圧力と協調の「バランス」が重要だと説明した。

 バイデン米政権は外交・安全保障から通商問題など対中政策の包括的な見直し作業を進めている。対中関税を当面継続するものの、その効果について検証する方針だ。

 イエレン氏は、トランプ前政権下で結んだ中国との「第1段階」貿易協定に関し「中国が約束を守ることを期待している」と述べ、中国が米製品の輸入拡大を進めるよう求めた。

この記事を共有する

おすすめ情報