PR

英政府 ミャンマーの国軍関係者3人に制裁発動

PR

 【ロンドン=板東和正】英政府は18日、ミャンマーのクーデターや抗議活動に参加した民衆への抑圧は人権侵害にあたるとして、クーデターに関与した国軍関係者3人に制裁を科すと発表した。

 制裁対象はミャ・トゥン・ウー国防相ら3人。資産の凍結や英国への渡航を禁じる。英国からの開発援助が間接的に国軍の支援につながることを防ぐ措置も講じた。

 ミャンマー国内の困窮者だけに援助が届くような仕組みを導入する。

 ラーブ外相は18日の声明で、「軍事クーデターや、アウン・サン・スー・チー国家顧問らをはじめとした政治家の恣意(しい)的な拘束を非難する」と表明した。

 英メディアによるとカナダ政府も同日、制裁を発表した。

 ミャンマーのクーデターをめぐっては、米国も11日、クーデターによりミャンマーで実権を掌握したとして、国軍関係者10人と、国軍系の3企業を制裁対象に指定し、制裁を発動したと発表している。

この記事を共有する

おすすめ情報