PR

米探査車が火星に着陸 「恐怖の7分」超え成功、生命の痕跡狙う

PR

母船からつり下げられ火星に着陸する探査車パーシビアランスの想像図(NASA提供・共同)
母船からつり下げられ火星に着陸する探査車パーシビアランスの想像図(NASA提供・共同)

 米航空宇宙局(NASA)は18日午後(日本時間19日午前)、探査車「パーシビアランス」が火星に着陸したと発表した。最高約1300度の高温にさらされるなど危険が多いが、大気圏突入から着陸までの「恐怖の7分間」を無事くぐり抜けた。火星で生命の痕跡を探す使命を果たすことが期待されている。

 数十億年前の火星は温暖で液体の水があり、微生物が生きられる環境だったと考えられている。かつて地球外に生命が存在したことが確認されれば、生命誕生の謎に迫る手掛かりが得られる。

 探査車の大きさは小型車ほどで、重さは約1トン。母船と共にカプセルに入った状態で、秒速5キロ超の猛スピードで火星の大気圏に突入。パラシュートを開いて減速した後にカプセルを離れ、母船はエンジンを逆噴射して降下し、ひもでつながった探査車を下ろす。

 探査対象は北半球にある直径45キロのクレーター。流水で土砂が堆積したような地形から、35億年前は湖だったとみられている。(共同)

この記事を共有する

おすすめ情報