PR

G7首脳、19日テレビ会議 ワクチン公平供給で連携へ

PR

ファイザー製ワクチン(ロイター)
ファイザー製ワクチン(ロイター)

 先進7カ国(G7)の議長国を務める英政府は13日、G7首脳のテレビ電話会議を19日に開くと発表した。国際社会が直面する喫緊の課題として、新型コロナウイルス対策を討議。各地で争奪戦の様相を帯びるワクチンを巡り、途上国も含めて公平な供給が確保されるように連携強化を確認する。

 バイデン米大統領にとって、就任後初の主要国際会議となる。ホワイトハウスは14日、バイデン氏が「中国がもたらす経済的な問題に取り組むための国際ルール改正の重要性」や気候変動対策を議題として取り上げると発表した。 G7首脳による会合は、同じく新型コロナを巡る昨年4月のテレビ会議以来。英政府は今年6月に対面形式の首脳会議(サミット)を開く予定。英政府は今回の会議に関し「分断を招く政治や国家主義が(国際社会の)初期対応を損なった」と指摘し感染対策で各国の緊密な協力を呼び掛ける方針。(共同)

この記事を共有する

おすすめ情報