PR

中国、コロナ初確認前に同様の症状で90人入院か 米紙報道

PR

「湖北省動物疫病予防コントロールセンター」で、防護服を着て視察するWHOの国際調査団メンバーら=2日、中国・武漢(共同)
「湖北省動物疫病予防コントロールセンター」で、防護服を着て視察するWHOの国際調査団メンバーら=2日、中国・武漢(共同)

 米紙ウォールストリート・ジャーナルは10日、中国当局が新型コロナウイルス感染症の初症例を確認したとする2019年12月より前の同年10月、中国湖北省周辺で約90人が新型コロナに似た症状で入院していたと伝えた。起源解明のため同省武漢を訪れていた世界保健機関(WHO)国際調査団の関係者の話として報じた。

 関係者によると、中国当局はここ数カ月の間に、これらの患者の約3分の2に感染歴を調べる抗体検査を実施したが、感染の痕跡は見つからなかったと説明した。調査団は中国当局に対し、より詳細な検査を行うよう求めているという。

 調査団は起源解明への手掛かりを得ることを目指して実地調査を行ったが、19年12月以前に感染が広がっていたことを示す証拠は、これまでに得られていない。(共同)

この記事を共有する

おすすめ情報