PR

米国務長官、中国外交トップと会談 インド太平洋不安定化の責任追及

PR

ブリンケン米国務長官(AP)
ブリンケン米国務長官(AP)

 ブリンケン米国務長官は5日、中国外交担当トップの楊潔●(=簾の广を厂に、兼を虎に)・共産党政治局員と電話会談し、米国は同盟・友好国と共に共通の価値・利益を守るために協力し、台湾海峡を含むインド太平洋の安定を脅かす中国の取り組みを巡り、責任を追及すると警告した。国務省が発表した。

 ブリンケン氏は、国際社会と共にミャンマーの軍事クーデターを非難するよう中国に促した。さらに、新疆ウイグル自治区やチベット自治区、香港などでの人権問題についても取り上げ続けると強調した。(共同)

この記事を共有する

関連トピックス

おすすめ情報