PR

米駆逐艦が台湾海峡を通過 バイデン政権発足後初めて

PR

バイデン大統領(ロイター)
バイデン大統領(ロイター)

 【ワシントン=黒瀬悦成】米海軍第7艦隊(神奈川県横須賀市)の報道官は4日、同艦隊所属のミサイル駆逐艦「ジョン・S・マケイン」が同日(現地時間)、台湾海峡を通過したと発表した。バイデン政権の発足後、米艦船が台湾海峡を通過するのは初めて。

 報道官は、通航は国際法を順守して実施されたとし、同艦の通過は「自由で開かれたインド太平洋に対する米国の関与を示すものだ」と指摘した。

 「米軍は国際法で認められた全ての場所を飛行し、航行し、作戦行動を実施する」とも強調した。

この記事を共有する

関連トピックス

おすすめ情報