PR

バイデン米政権、ベネズエラのグアイド氏支持を表明

PR

 米国務省のプライス報道官は3日の記者会見で、ベネズエラの反米左翼マドゥロ政権に対抗して暫定大統領就任を宣言している野党連合のグアイド氏を同国の正統な指導者として支持すると表明した。マドゥロ大統領を「独裁者」と批判し、トランプ前政権と同様に厳しく対応する考えも示した。

 プライス氏は「バイデン政権の最優先の目標は、自由で公正な選挙を通じ、ベネズエラの平和的な民主化への移行を支援し、人々による生活と国家の再建を助けることだ」と強調。目標実現へ同盟・友好国と連携するとした。(共同)

この記事を共有する

おすすめ情報