PR

首相の靖国真榊奉納「侵略の歴史に対する間違った態度」 中国外務省が談話

PR

中国外務省の趙立堅氏(共同)
中国外務省の趙立堅氏(共同)

 【北京=西見由章】中国外務省の趙立堅(ちょう・りつけん)報道官は18日、菅義偉首相による靖国神社への真榊奉納について「日本側のマイナスの行動は、侵略の歴史に対する間違った態度を再び反映したものだ」と批判する談話を発表した。

 趙氏は談話で「靖国神社は日本の軍国主義が発動した侵略戦争の精神的な道具であり、象徴だった」と主張した。

この記事を共有する

おすすめ情報