PR

韓国大統領が菅首相に祝賀メッセージ 関係改善に期待と不安

PR

韓国の文在寅大統領(聯合=共同)
韓国の文在寅大統領(聯合=共同)

 【ソウル=名村隆寛】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は16日、菅義偉新首相に対し、「菅首相の在任中に韓日関係をより発展させるよう共に努力していきたい」とする祝賀メッセージを送った。大統領府によると、文氏は辞職した安倍晋三前首相にも同日、メッセージを送った。

 日韓関係は文在寅政権下で、慰安婦問題の蒸し返しのほか、いわゆる徴用工訴訟で日本企業に賠償を命じた韓国最高裁の判決とこれに伴う日本企業の資産売却問題、日本政府による対韓輸出管理の厳格化などにより最悪の状況にある。

 韓国政府は菅氏の首相就任前から「友好関係を進めるため共に努力する」との立場を示しており、日本の新政権発足を日韓関係改善への契機にしたい構えだ。メディアを中心に関係悪化の原因が「安倍(氏)にある」との一方的な見方が支配的な中でも、「新首相就任は現状打開の糸口になり得る。安倍時代の限界を抜け出す契機になることを期待する」(中央日報社説)と日本の譲歩への期待もある。

 知日派として知られる与党「共に民主党」の李洛淵(イ・ナギョン)代表は16日、「韓日関係が改善することを望む」と語った。昨年10月に訪日して菅氏と面会した李氏は再会の意向も示した。

 ただ、菅氏が安倍政権で官房長官を務め、安倍氏の外交政策を継承する意思を示していることから、「期待を持つことはできるが、現実的に展望せねばならない」(康京和=カン・ギョンファ=外相)と関係改善への冷めた見方も強い。

この記事を共有する

関連トピックス

おすすめ情報