PR

トランプ氏が花火大会強行 独立記念日、感染が懸念

PR

トランプ米大統領はリンカーンなど歴代大統領4人の顔が山肌に刻まれた景勝地で、7月4日の独立記念日を祝う花火大会に参加した=3日夜、中西部サウスダコタ州のラシュモア山(ロイター)
トランプ米大統領はリンカーンなど歴代大統領4人の顔が山肌に刻まれた景勝地で、7月4日の独立記念日を祝う花火大会に参加した=3日夜、中西部サウスダコタ州のラシュモア山(ロイター)
その他の写真を見る(1/3枚)

 トランプ米大統領は3日夜、リンカーンなど歴代大統領4人の顔が山肌に刻まれた中西部サウスダコタ州の景勝地ラシュモア山で、4日の独立記念日を祝う花火大会に参加した。大勢が集まり、新型コロナウイルス感染拡大が懸念されている。米メディアによると約10年ぶりの開催で、トランプ氏の意向で強行されることになった。

 トランプ氏はこれまで、白人警官による黒人男性暴行死事件に端を発した人種差別抗議デモで奴隷制に絡む歴史的人物の像が引き倒された動きを強く批判。3日、4人の顔が刻まれた山肌を背景にした会場で演説し「このモニュメントは決して冒涜(ぼうとく)されることはない」と強調し、参加者らから喝采を受けた。その後、大きな花火が何発も打ち上げられた。

 感染者が比較的少ない同州での大規模イベント開催で、4カ月後に迫った大統領選に向け、国内正常化をアピールする材料の一つとしたい考え。(共同)

この記事を共有する

関連トピックス

おすすめ情報