PR

人魚姫像に「差別」落書き デンマーク

PR

落書きされた人魚姫の像の現場を確認する警察官ら=3日、デンマークのコペンハーゲン(Ritzau Scanpix・AP)
落書きされた人魚姫の像の現場を確認する警察官ら=3日、デンマークのコペンハーゲン(Ritzau Scanpix・AP)

 デンマークの首都コペンハーゲンの観光名所、人魚姫像の台座部分に「人種差別主義的な魚」を意味する英語が落書きされているのが見つかった。警察が器物損壊の疑いで捜査している。ロイター通信が3日伝えた。

 米国での黒人暴行死事件を機に、奴隷制に関与した人物の像が破壊される被害が各地で相次いでいる。人魚姫を巡っては昨年、ディズニー映画「リトル・マーメイド」の新作実写版の主人公をアフリカ系米国人が演じることが議論を呼んだ。

 落書きの意図は不明だが、アニメ版の主人公が白人だったことへの抗議だった可能性がある。

 像は、デンマーク人作家アンデルセン(1805~75年)の童話「人魚姫」を基に作られ、1913年にコペンハーゲンの港に設置された。今年1月にも台座部分に「香港の解放を」と英語で落書きされた。(共同)

この記事を共有する

おすすめ情報