PR

ボルトン本の中身は? トランプ外交の「実情」明かす

PR

ワシントンで講演するボルトン前米大統領補佐官=2019年9月(AP=共同)
ワシントンで講演するボルトン前米大統領補佐官=2019年9月(AP=共同)

 ボルトン前米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は米政権の内幕を扱った著書の中で、トランプ外交の「実情」を明かした。(ワシントン 黒瀬悦成、塩原永久)

■習氏は「中国の歴史上、最も偉大な指導者」

 2019年6月29日、大阪での20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)に際した米中首脳会談で、中国の習近平国家主席はトランプ米大統領に対し、米国内での中国批判に苦言を呈したという。

 トランプ氏は野党・民主党の間に中国を敵視する勢力が多いと述べた上で、20年11月の米大統領選に突然話題を変え、習氏に選挙で自分が確実に勝てるよう協力してほしいと懇請。再選には「農家(の票)と中国による大豆と小麦の購入拡大が重要だ」と説明した。

 トランプ氏は新たな追加関税を課さないことと引き換えに、中国の米農産品購入を優先事項とする協議の再開を持ち掛けた。習氏が合意したため、歓喜したトランプ氏は「あなたは中国の歴史上、最も偉大な指導者だ」と応じたとされる。

 習氏はG20サミットの夕食会で新疆(しんきょう)ウイグル自治区のイスラム教徒少数民族ウイグル族などの強制収容施設の建設は正当だと主張。トランプ氏は「収容施設の建設は正しいことであり、推進すべきだ」との趣旨の発言をしたという。

 建設容認発言をしたとのボルトン氏の主張に対し、トランプ氏は17日、米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)で「事実ではない。ボルトン氏はうそつきだ」と反論した。

 ■無秩序な米中貿易交渉

 ボルトン氏は米中貿易交渉に関し、「当初から(政権内で)完全に無秩序な扱われ方をされていた」とし、交渉方針の一貫性が欠如していたと批判。政権幹部が、対中穏健派とタカ派に「ひどく分断されていた」とも回顧している。

 著書では、ムニューシン財務長官を中国におもねる「パンダ・ハガー」と呼び、自由貿易論者のクドロー国家経済会議委員長とともに穏健派だと指摘。ロス商務長官やライトハイザー通商代表部(USTR)代表、ナバロ大統領補佐官(通商問題担当)ら対中強硬派との間で路線対立があったと示唆した。

 19年9月に辞任したボルトン氏は同年12月に発表された米中合意が「見掛け倒し」の内容だったと貿易協議の結果にも懐疑的だ。

 一方、対中交渉責任者のライトハイザー氏は17日、議会公聴会で、トランプ氏が再選を懇請したとのボルトン氏の記述について「絶対に真実ではない。私はその場にいた」と証言した。

■大統領の資質

 ボルトン氏は、トランプ氏にとって唯一の目標は「確実に再選することだ。そのためには国益を脅かすこともためらわない」と指摘した。トランプ氏の「気まぐれ」な言動に困惑させられた政権高官らは全員、嫌気や失望で一度は辞任を考えるとしている。

 大統領首席補佐官を務めたジョン・ケリー氏は在任中、「米中枢同時テロのような本当の危機が起き、トランプ氏が現在の調子で決定を下したら一体どうなるのだ」と述べたとされる。

 トランプ氏は、ケリー氏に「フィンランドはロシアの一部なのか」と聞いたという。18年のメイ英首相(当時)との会談では、同席した英高官が英国が核保有国であると言及したのに対し、「英国は核保有国なのか」と聞き返したとし、ボルトン氏は「あれは冗談のつもりで言った口調ではなかった」と振り返った。

■安倍首相と個人的関係

 安倍晋三首相との会談を前にしたトランプ氏へのブリーフィング。ボルトン氏が貿易と北朝鮮について説明しようとした際、貿易問題から切り出したところ、トランプ氏は(1941年の旧日本軍による)真珠湾攻撃への非難を始めた。ボルトン氏は「失敗だった」と述懐した。

 ただ、ボルトン氏は「世界の指導者でトランプ氏と最も個人的な関係を築いているのは安倍首相だ」と指摘。両者の関係は「ゴルフ仲間であり仕事仲間だ」とし、安倍首相とジョンソン英首相はトランプ氏と親しい双璧であるとした。著書には安倍首相の名前が150回以上登場し、ボルトン氏と安倍首相も近い関係にあることをうかがわせた。

 トランプ氏が日米安全保障条約を「不公平」とする一方で、「米国は条約がなくても日本を守る」と述べたことも明らかにした。

 ボルトン氏は昨年7月の訪日時に、トランプ氏が在日米軍駐留経費の日本側負担として現在の4倍以上に当たる年間約80億ドル(約8550億円)を要求していると伝えたことも明かしている。日本政府は増額を要求された事実はないとして否定した。

■NATO脱退論

 18年7月、ブリュッセルでの北大西洋条約機構(NATO)首脳会議でトランプ氏は、加盟各国が翌年1月までに国防費を大幅に増額しないのであればNATOから脱退すると通告しようとしたという。

 トランプ氏は「米国は脱退し、(国防費を)支払わない国は守らない」と主張した。ボルトン氏はトランプ氏が通告に踏み切ることのないよう、押しとどめたとしている。

 一方、米朝首脳会談に関連し、トランプ氏は北朝鮮の望む米韓合同演習の中止を政権高官や韓国政府に相談せず決めたという。

■対露制裁に反対

 ボルトン氏はロシアのプーチン大統領について「賢くてタフだ。トランプ氏を簡単に手玉に取ることができる」と分析する。ボルトン氏によればトランプ氏は「ロシアの侵略行為を抑止し、プーチンの悪質な行為に制裁をかける政策に反対し続けてきた」とされる。

 トランプ氏は18年7月にフィンランドのヘルシンキで行われた米露首脳会談後の共同記者会見で、16年米大統領選にロシアが干渉したと米情報機関が結論付けたことに関し「プーチン氏はやっていないと言った。ロシアである理由が見当たらない」と述べた。トランプ氏の目の前で発言を聞いたボルトン氏は「凍り付き、椅子から立ち上がる気がしなかった」という。

この記事を共有する

関連トピックス

おすすめ情報