PR

ボルトン本 トランプ政権高官は全面否定「そんな常軌を逸したことがあれば…」

PR

米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)に就任し、トランプ大統領を見つめるボルトン氏=2018年4月9日、米ホワイトハウス(ロイター)
米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)に就任し、トランプ大統領を見つめるボルトン氏=2018年4月9日、米ホワイトハウス(ロイター)

 ボルトン前米大統領補佐官の著書に関し、トランプ政権の主要閣僚らも問題の記述内容を全面否定した。

 ポンペオ国務長官「ボルトン氏は多くの嘘と偏った一面的な事実、完全な虚偽を広めている。世界の友人たちよ、トランプ大統領の米国は世界で善を促進する力だ」=18日、「私もボルトン氏と同じ部屋にいた」と題する声明

 ムニューシン財務長官「ボルトン氏は自己宣伝を真実や国益に優先させた」=18日発表の声明

 ライトハイザー通商代表部(USTR)代表「事実無根だ。(中国の習近平国家主席に対する米大統領選への支援要請という)そんな常軌を逸したことがあれば、忘れるわけがない。全くばかげている」=17日、上院財政委員会の公聴会

 ナバロ大統領補佐官(通商問題担当)「ボルトン氏は最も無能な政権高官の一人だった」=18日、FOXニュースの番組

この記事を共有する

おすすめ情報