PR

【米大統領選】トランプ氏、3カ月半ぶりに大規模集会 民主党を「過激左翼」と攻撃 「法と秩序」訴え 

PR

トランプ米大統領は11月の大統領選に向けで約3カ月半ぶりに大規模集会を開き、再選の実現に向け投票を呼びかけた=20日、米南部オクラホマ州タルサ(AP)
トランプ米大統領は11月の大統領選に向けで約3カ月半ぶりに大規模集会を開き、再選の実現に向け投票を呼びかけた=20日、米南部オクラホマ州タルサ(AP)

 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は20日、11月の大統領選に向け南部オクラホマ州タルサで約3カ月半ぶりに大規模集会を開き、支持者らに再選の実現に向け投票を呼びかけた。トランプ氏は新型コロナウイルスの感染対策や、白人警官による黒人男性暴行死事件を受けた抗議デモや暴動への対応を批判されて支持率が低下しており、全米各地への遊説を本格再開して支持基盤の活性化を図りたい考えだ。

 トランプ氏による大規模集会は3月2日以来。同氏はタルサ市内の屋内イベント施設に集まった1万人以上の支持者らを前に、暴行死事件を受けた暴動を強く非難し、「私たちは過激な左翼勢力を押しとどめ、全ての人種や宗教の人々が安心して暮らせるようにする。共和党は法と秩序を奉じる党だ」と訴えた。

 民主党候補指名を確実にしたバイデン前副大統領については「民主党を過激な左翼に明け渡した。彼が当選すれば警察が解体され、暴徒や不法移民の権利が法を順守する市民の権利に優先される」と主張した。

 トランプ氏が屋内施設での大規模集会を決行したことに関し、保健衛生の専門家の間では新型コロナ感染拡大への懸念が相次いでいた。トランプ陣営は入場者の体温検査を実施し、会場でマスクを配布したが着用は義務付けなかった。

 マクナニー大統領報道官は、集会決行を複数の米メディアが批判的に報じたことに対し「これらのメディアは、暴行死事件を受けた抗議デモに対しては新型コロナ感染の問題を持ち出さなかった」と指摘し、不公平だと反論した。

 政治専門サイト「リアル・クリア・ポリティクス」によると、本選を想定した両候補の平均支持率(20日現在)はバイデン氏50・1%に対しトランプ氏は41・3%となっている。

この記事を共有する

関連トピックス

おすすめ情報