PR

トランプ氏の投稿に再び警告表示 ツイッター「暴力賛美」

PR

警告が表示されたトランプ米大統領による投稿のスクリーンショット=29日(ロイター)
警告が表示されたトランプ米大統領による投稿のスクリーンショット=29日(ロイター)

 【ワシントン=塩原永久】米短文投稿サイトのツイッター社は29日、「暴力の賛美を禁止するルールに違反した」として、トランプ米大統領の投稿に警告ラベルをつけ、非表示にした。

 問題の投稿は、米中西部ミネソタ州ミネアポリス近郊で、白人警官に逮捕された黒人容疑者が死亡し、警察署が放火される抗議デモに発展したことに言及したもの。トランプ氏は投稿でデモ隊を「凶悪犯」と呼び、発砲して鎮圧する可能性を示唆していた。

 トランプ氏は26日のツイッターへの投稿で、大統領選で郵便投票が広く実施されれば、不正が横行すると主張。ツイッター社は、誤解を招くとして事実確認を呼びかける警告を初めてトランプ氏の投稿に表示。これを受け、トランプ氏は28日、交流サイト(SNS)運営会社への規制強化を目指す大統領令に署名した。

この記事を共有する

関連トピックス

おすすめ情報