PR

米国、香港情勢で安保理会合要請  中国拒否で対立表面化

PR

27日、香港で、警察に拘束され座らされるデモ参加者(ロイター=共同)
27日、香港で、警察に拘束され座らされるデモ参加者(ロイター=共同)

 【ニューヨーク=上塚真由】米国連代表部は27日、国連安全保障理事会に対し、中国政府による香港への「国家安全法制」導入の動きについて協議する会合の開催を要請したと明らかにした。これに対し、中国は開催を拒否し、張軍国連大使はツイッターで「純粋な中国の内政問題であり、安保理の任務とは関係ない」と主張した。

 米国連代表部は声明で、中国の方針について「国際社会の平和と安全に影響を及ぼす緊急の世界的な懸念事項であり、安保理が即座に対応すべきだ」と指摘。中国が開催に反対したことには「透明性や、行動の国際責任をめぐる中国共産党の恐怖を示す新たな一例」として批判した。

 張氏はツイッターで、「米国が世界のトラブルメーカーであることは、何度となく明らかになっている」と米国の対応に反発。米中は新型コロナウイルス対応をめぐっても安保理で対立しており、緊張関係が再びが表面化した。

この記事を共有する

関連トピックス

おすすめ情報