PR

「マスク姿見せたくない」 トランプ氏、工場視察で着用せず

PR

21日、米中西部ミシガン州の自動車工場で、マスクを手にしながら話すトランプ大統領(ロイター)
21日、米中西部ミシガン州の自動車工場で、マスクを手にしながら話すトランプ大統領(ロイター)

 「マスコミにはマスク姿を見せたくない」。トランプ米大統領は21日、中西部ミシガン州を訪問し、新型コロナウイルス感染拡大を受け人工呼吸器製造に乗り出した自動車工場を視察した際にこう述べ、「マスク嫌い」をさらに印象付けた。工場内ではマスク着用義務があったが、報道陣の前に数回にわたり姿を見せた時には着けていなかった。

 トランプ氏は自動車大手フォード・モーターの工場視察中「先ほど裏では着けていた」と説明。報道陣にマスクを見せたものの、着用はしなかった。工場内での演説もマスクなしで行った。案内した役員らは全員マスクを着けていた。

 11月の大統領選に向けて早期の景気回復を求めるトランプ氏は、自分のマスク姿を見せれば経済活動再開の機運に水を差すと考えているようだ。

 着けない理由を問いただされると「今朝も検査で陰性だった」と述べ、頻繁に検査を受けているので問題ないとの考えを改めて繰り返した。(共同)

この記事を共有する

おすすめ情報