PR

【米大統領選】民主バイデン氏、性的暴行疑惑を否定

PR

 【ワシントン=黒瀬悦成】米大統領選の民主党候補指名を確実にしたバイデン前副大統領(77)は1日、MSNBCテレビの報道番組に出演し、バイデン氏の元知り合いの女性が刑事告発した1993年の性的暴行疑惑について「真実ではない」と述べ、全面的に否定した。

 疑惑をめぐっては、バイデン陣営が否定の声明を出していたが、バイデン氏自身は何週間も沈黙を守っていたことから、自らの言葉で説明することを求める声が強まっていた。

 暴行被害を受けたとして刑事告発したタラ・リード氏(56)によると、当時は上院議員だったバイデン氏の事務所職員を務めていた1993年、議会の一室で下着の中に手を入れられるなどしたという。

 リード氏は、被害を受けたことを議会事務局に訴えた書類が、バイデン氏の地元である東部デラウェア州の大学に寄贈されたバイデン氏の上院議員時代の資料に含まれているとして、調査するよう主張した。

 これに対しバイデン氏は問題の書類が同大に存在する可能性を否定し、書類の有無を調査することも拒否。資料があるとすれば国立公文書館だと語り、調べるよう求めた。

 ただ公文書館は、この種の書類は上院の管理下にあると回答したことから、バイデン氏は1日、上院事務局に問題の書類があるかどうかを探すよう要請した。

 疑惑に関しては、民主党が2018年、最高裁判事に任命されたブレット・カバノー氏(55)の承認公聴会で同氏による過去の性的暴行疑惑を徹底的に追及したのに対し、バイデン氏の疑惑は「問題ない」と片付けようとしているとして、左派勢力やトランプ大統領を支持する保守勢力などから「二重基準」「偽善的な対応」などと批判する声が続出している。

この記事を共有する

おすすめ情報