PR

米、すべての国への渡航中止を勧告 警戒レベル最高「過去に例ない」

PR

米ワシントンの桜並木の通りには、新型コロナウイルス感染への注意を促す警告が掲げられた =19日(ロイター)
米ワシントンの桜並木の通りには、新型コロナウイルス感染への注意を促す警告が掲げられた =19日(ロイター)

 【ワシントン=大内清】米国務省は19日、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受け、すべての国・地域への渡航警戒レベルを4段階で最も高い「渡航中止・退避勧告」(レベル4)に引き上げた。ツイッターへの投稿で発表した。米政治専門紙ポリティコは複数の当局者の話として、全世界を対象とした渡航中止勧告は「過去に例がない」としている。

 米国はすでに世界的な警戒レベルを「渡航の再考」を求めるレベル3としていたが、感染の封じ込めには国民に対してさらに強力なメッセージを発する必要があると判断したものとみられる。

 国務省は今回の渡航中止勧告とあわせて、国外に在住・滞在する米国人に対し、帰国手段があるのならば即座に帰国するよう要請。帰国を望まない場合は、滞在先から別の国・地域への旅行などはしないよう強く求めた。今回の勧告に従って帰国しなければ、航空便の運航状況などによって当面は米国に戻るのが難しくなる恐れがあるとも警告している。

 国務省はまた、生死にかかわる緊急渡航が必要な人などを除き、旅券の発給申請の受け付けを原則として停止。すでに各国の大使館・領事館ではビザ(査証)の発給業務も一部が停止されている。一連の措置により、米国との人の往来がさらに大幅に減少するのは避けられず、経済へいっそうの打撃となりそうだ。

 トランプ米大統領は13日に国家非常事態を宣言。米政府はその後、10人以上の人が集まることやレストランなどでの外食を自粛するよう求める行動指針を発表した。米CNNテレビによると、米国内の感染者は19日夕時点で前日より2700人以上増えて1万1600人を超し、死者は少なくとも170人に達した。

この記事を共有する

おすすめ情報