PR

米、ビザ発給業務を停止 日本含む各国大使館で

PR

 【ワシントン=大内清】米国務省は18日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて各国にある米大使館・領事館の大半でビザ(査証)発給業務の一部を停止することを発表した。再開時期は不明だとしている。

 在日米大使館はホームページで、ビザ取得のための面接を19日以降、停止すると発表した。面接が必要なビザ発給は停止されるが、観光など短期滞在のビザ免除制度は対象外となる。

 米国では18日までに7千人以上の感染者が確認され、少なくとも114人が死亡している。

この記事を共有する

おすすめ情報