PR

トヨタ、北米工場停止 米ビッグスリーも、清掃

PR

ホンダの北米工場=18日、オハイオ州メアリーズビル(AP)
ホンダの北米工場=18日、オハイオ州メアリーズビル(AP)

 トヨタ自動車は18日、新型コロナウイルス感染症対策として北米工場の操業を23日から2日間停止すると発表した。工場の清掃と消毒を徹底し、25日から再開する。米国に地盤を置く「ビッグスリー」と呼ばれる自動車大手3社も30日まで停止する。

 感染拡大による外出制限などが広がり、需要急減は不可避だ。サプライチェーン(部品の調達・供給網)も打撃を受けている。北米市場では各社とも販売が伸び悩んでおり、生産停止が長引けば業況がさらに悪化する可能性がある。

 ゼネラル・モーターズ(GM)とフォード・モーター、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は、全米自動車労働組合(UAW)の要請を受けて足並みをそろえた。

 ホンダも北米工場を23日からの平日の6日間停止すると発表した。生産台数は約4万台削減することになるとしている。(共同)

この記事を共有する

おすすめ情報