PR

店内飲食停止、持ち帰りに 米国のマックやスタバ

PR

店頭に「持ち帰りのみ」と掲示されたマクドナルド店舗=17日、米ノースカロライナ州チャペルヒル(AP)
店頭に「持ち帰りのみ」と掲示されたマクドナルド店舗=17日、米ノースカロライナ州チャペルヒル(AP)

 米国でマクドナルドやスターバックスといった飲食店チェーン大手が、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、店内飲食を一時的に停止し、持ち帰りと配達だけの営業に切り替えた。州政府による飲食店の営業制限措置の動きも広がった。

 マクドナルドは16日、米国の直営店で店内飲食コーナーを閉じ、飲料のセルフサービスも停止すると発表した。商品は持ち帰りやドライブスルー、配達で提供。フランチャイズ店にも同様の取り組みを求めている。

 スターバックスは15日、米国とカナダの直営店で、持ち帰りだけで提供すると発表。商業施設や大学構内にある直営店は休業。期間は少なくとも2週間としている。

 他にも、ハンバーガーチェーンのシェイクシャックや、チキンサンドチェーンのチックフィレイなどが店内飲食を停止し、持ち帰りで商品を提供すると発表している。(共同)

この記事を共有する

おすすめ情報