PR

米、15日間の行動自粛要請 10人以上の集会や外食など

PR

16日、米ホワイトハウスで新型コロナウイルスの対策について記者会見するトランプ大統領(UPI=共同)
16日、米ホワイトハウスで新型コロナウイルスの対策について記者会見するトランプ大統領(UPI=共同)

 【ワシントン=住井亨介】トランプ米大統領は16日、ホワイトハウスで記者会見し、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、10人を超える集会や旅行、レストラン、バーでの外食を控えるよう呼びかけた。国民向けに今後15日間の指針として公表したもので強制力はない。感染拡大の沈静化については、「7月か8月ごろ」になるとの見通しを示した。

 指針は、高齢者や体調がすぐれない人は自宅に待機することや、家族が感染した場合には家族全員が自宅にとどまるよう要請。外食利用ではドライブスルーやデリバリーを使って接触を極力避けることを求めている。

 感染が広がっている地域では学校が拡大をさらに助長する場になるとして、州知事に休校の必要性も訴えている。

 記者会見に同席した国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長は「これは過剰反応ではない」と述べ、ホワイトハウスのコロナウイルス対策調整官のデボラ・バークス氏は、国民が指針に従えば感染拡大の防止に劇的な効果があるとした。

 一方、西部のサンフランシスコ市は16日、食料品の購入や一部の仕事などを除いて17日から4月7日まで市民らに外出を控えるよう命じた。

この記事を共有する

おすすめ情報