PR

ポンペオ氏「追加の自衛措置とる」 イラク基地攻撃で同国首相に

PR

 【ワシントン=大内清】イラクで米軍が駐留する基地にロケット弾30発以上が撃ち込まれた事件で、米国務省のオルタガス報道官は16日、ポンペオ国務長官がイラクのアブドルマハディ首相と電話会談し、米国民への脅威に対処するため「追加的に必要な自衛措置をとる」と伝えたと明らかにした。電話会談は15日に行われた。攻撃は親イランのイスラム教シーア派武装組織によるものとの見方が強く、米国が再び報復攻撃に乗り出す可能性がある。

 攻撃を受けたのは、米軍主導の有志連合がスンニ派過激組織「イスラム国」(IS)掃討のために駐留するイラク首都バグダッド北方のタージ基地で、14日に米兵3人とイラク兵数人が負傷した。同基地には11日にもロケット弾が撃ち込まれて米国人ら3人が死亡し、米軍は報復としてシーア派武装組織「神の党旅団」(カタイブ・ヒズボラ)の拠点を空爆した。

この記事を共有する

おすすめ情報