PR

米保健福祉省へサイバー攻撃 新型コロナ対処のさなか 「外国勢力」関与か

PR

 【ワシントン=大内清】米国で新型コロナウイルス対策を担う保健福祉省が15日、コンピューターシステムにアクセスを集中させて処理を遅くさせるなどのサイバー攻撃を受けていたことが確認された。米ブルームバーグ通信が16日伝えた。同省当局者は「敵対的な外国勢力」が関与したとの見方を示しているという。

 一方、米国内では15日、トランプ政権が近日中に「米全土に隔離措置を発表する」とする携帯電話のテキストメッセージが出回り、国家安全保障会議(NSC)がツイッターへの投稿で「噂は虚偽だ」と打ち消す騒ぎも発生。偽情報の流布が、保健福祉省へのサイバー攻撃と関連しているとの見方もある。

 アザー厚生長官は16日、「サイバー攻撃によるデータ流出はなかった」と強調。同省報道官も、新型コロナへの対応などの業務は通常通りに行われていると説明した。

この記事を共有する

おすすめ情報