PR

クルーズ船乗客の下船完了 米西部、乗員は船内滞在

PR

 新型コロナウイルスの感染者が確認され、米西部カリフォルニア州オークランドに入港したクルーズ船「グランド・プリンセス」の船会社、プリンセス・クルーズは13日、乗客約2400人の下船作業がほぼ完了したと発表した。

 グランド・プリンセスの乗船者は乗員約1100人と合わせ計約3500人で、乗客3人と乗員1人は日本人。13日朝の時点で帰国便などを待つ14人以外の乗客全員が下船した。乗員は船内に残る予定で、同社は隔離措置の詳細について検討を続けているとしている。

 グランド・プリンセスを巡っては、2月に利用したカリフォルニア州の男性が下船後に体調を崩し、感染が判明。船は同州沖の洋上に数日間とどまった後、今月9日にオークランドに入港した。

 プリンセス・クルーズは、横浜港で集団感染が発覚した「ダイヤモンド・プリンセス」も保有している。(共同)

この記事を共有する

おすすめ情報