PR

米、ロシア石油子会社に制裁

PR

 米政府は12日、ベネズエラの反米左翼マドゥロ政権を支援するため同国の石油取引を仲介したとして、ロシア石油大手ロスネフチの子会社を独自制裁の対象に指定した。米国内の資産が凍結され、米国人との取引が禁じられる。

 財務省によると、制裁対象になったのはスイスに拠点を置く「TNKトレーディング・インターナショナル」。今年1月、既に米制裁の対象となっている「国営ベネズエラ石油」(PDVSA)から原油を購入した。

 米政府は2月にも、ロスネフチの子会社でスイスに拠点を置く「ロスネフチ・トレーディング」を制裁対象に指定した。

 ムニューシン財務長官は声明で「トランプ政権はマドゥロ政権によるベネズエラ石油資源の略奪を支援する勢力を標的にし続ける」と強調した。(共同 ワシントン)

この記事を共有する

おすすめ情報