PR

米、通信機器購入で規制 中国排除 撤去や交換も

PR

 トランプ米大統領は12日、政府の補助金を受け取る通信会社に対し、安全保障上の脅威になる製品の購入を規制する法案に署名し、成立した。中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)などを念頭に置いた措置。既に使用されている通信機器の撤去や交換も促し、米国からの締め出しを狙う。

 米国内の放送通信事業を監督する連邦通信委員会(FCC)は昨年11月、国内の通信会社に対しファーウェイと中興通訊(ZTE)の製品購入を禁じ、既存製品の撤去や交換も求めていた。ただ両社の製品は比較的安価なため、地方の中小通信業者などが使い続けているという。(ワシントン 共同)

この記事を共有する

おすすめ情報