PR

G7外相会合、新型コロナで電話会議に

PR

 【ワシントン=住井亨介】米国務省のオルタガス報道官は11日、3月24~25日に米東部ペンシルベニア州ピッツバーグで開催を予定していた先進7カ国(G7)の外相会合を電話会議で行うと発表した。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受けた措置とみられる。

 コロナウイルスの感染が広がる中、4月中旬に首都ワシントンで開催される予定だった20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議や、同時に実施される国際通貨基金(IMF)と世界銀行の春季会合もテレビ会議で行うことになっている。

 3月14日に西部ネバダ州ラスベガスで予定されていたトランプ大統領と東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟10カ国首脳との特別会合は延期されている。

この記事を共有する

おすすめ情報