PR

【動画あり】米カリフォルニア沖のクルーズ船に日本人4人乗船 20人にコロナ感染の疑い

PR

その他の写真を見る(1/2枚)

 【ワシントン=住井亨介】米西部カリフォルニア州沖の太平洋でクルーズ船「グランド・プリンセス」の乗客・乗員に新型コロナウイルスの感染症状が出ていることが発覚し、日本人4人も乗船していることが5日分かった。運営会社が明らかにした。

 グランド・プリンセスは横浜港で集団感染が発覚した「ダイヤモンド・プリンセス」と同じ米船会社「プリンセス・クルーズ」が保有し、乗客・乗員は計約3500人。米紙ワシントン・ポストなどによると、約20人が感染が疑われる症状を訴えている。日本人がこの中に含まれるかは不明。

 米メディアによると、グランド・プリンセスは2月11~21日にサンフランシスコとメキシコ間を往復。同日、ハワイに出発した後、サンフランシスコで下船した男性(71)がコロナウイルスに感染、死亡したことが3月4日に発表された。

 同船はメキシコへ航行した乗客の一部が引き続き乗船しているため予定を早めてサンフランシスコに戻ったが、カリフォルニア州が寄港を禁じ、沿岸部に停泊中。米疾病対策センター(CDC)の担当者が検査キットを持ってヘリで乗り込んだ。船内ではカジノが閉鎖されるなど人が集まる催しが中止され、米CNNによると、メキシコへの航行からの乗客は自室にとどまるよう求められている。

 グランド・プリンセスがメキシコへ出発した2月11日の時点で、ダイヤモンド・プリンセスでは100人以上が感染していた。2月1日、香港まで乗船した香港人男性に最初の感染が判明して3日には検疫が始まり、グランド・プリンセスがハワイに出発した21日の段階で感染者は600人を超えていた。

 同船は3月5日の米上院委員会で取り上げられ、「全員を一緒に乗船させておくのは適切でない」との声が出た。国土安全保障省は、全乗員を隔離収容する施設はなく対応に限界があると訴えた。

 ダイヤモンド・プリンセスのケースでは船内で隔離措置がとられたが、感染拡大を防げず、米国内でも日本に批判が上がった。米メディアは当時の日本も引き合いに出して報じている。

この記事を共有する

おすすめ情報