PR

ドイツ銀6900億円赤字 リストラ費用足かせに

PR

会見するドイツ銀行のクリスティアン・ゼービングCEO(ロイター)
会見するドイツ銀行のクリスティアン・ゼービングCEO(ロイター)

 ドイツ銀行が発表した2019年12月期決算の純損益は57億1800万ユーロ(約6900億円)の赤字となった。22年までに約1万8千人を削減することを軸としたリストラ策を進めており、関連費用が足かせとなった。

 ドイツ銀は同国大手コメルツ銀行と進めていた経営統合交渉を19年春に打ち切った。その後は単独再建を目指し、人員削減だけでなく事業売却なども進めているが、業績の振るわない状況が続いている。(共同)

この記事を共有する

おすすめ情報