PR

武漢離れる公共交通停止 中国、新型肺炎拡大阻止 WHO緊急委は協議続行

PR

22日、中国・武漢市の鉄道駅の中でマスクをしてエスカレーターに乗る人たち(ゲッティ=共同)
22日、中国・武漢市の鉄道駅の中でマスクをしてエスカレーターに乗る人たち(ゲッティ=共同)
その他の写真を見る(1/2枚)

 中国国営メディアによると、中国湖北省武漢市当局は23日、同日午前10時(日本時間同11時)から武漢の空港や鉄道駅で、武漢を離れる路線を停止すると発表した。地下鉄やバスも同時に運行停止する。同市で発生した新型コロナウイルスの感染による肺炎の拡大を食い止める狙い。

 人口1千万人を超える大都市で人の移動を大幅に規制する異例の措置。武漢市当局は特別な理由がない場合「市民は武漢を離れないように」と呼び掛けた。公共交通の運行再開の時期は別途通知するとしている。

 一方、世界保健機関(WHO)は22日、新型肺炎について緊急委員会を初開催したが「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」に該当するとの結論には至らず、23日も協議を続行することを決めた。テドロスWHO事務局長は緊急委終了後の記者会見で「さらなる情報が必要だ」と慎重な姿勢を見せた。(共同)

この記事を共有する

おすすめ情報