PR

気候変動で具体的成果要求 グレタさん、ダボス会議で

PR

世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)の討論会で話すグレタ・トゥンベリさん=21日、スイス・ダボス(ロイター)
世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)の討論会で話すグレタ・トゥンベリさん=21日、スイス・ダボス(ロイター)

 スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさん(17)が21日、スイス東部ダボスで開催されている世界経済フォーラム(WEF)年次総会(ダボス会議)に参加し、環境問題への関心の高まりを評価しつつも「二酸化炭素(CO2)排出量がほとんど減っていないなど、ほとんど何も成し遂げられていない」と述べ、気候変動への対処に具体的な成果を求めた。

 グレタさんは演説で「子どもは心配するな、(大人に)任せておけ、悲観的になりすぎるなと言われるが、何も起きていない」と不満を表明。直前に別会場でトランプ米大統領は、経済政策に主眼を置いた演説で「悲観的ではなく、楽観的になるべき時だ。世の終わりが来るかのような予測は、はねつけなければならない」と発言しており、両者の姿勢の違いが改めて際立った。(共同)

この記事を共有する

おすすめ情報