PR

ファーウェイ副会長の審理始まる カナダ、米引き渡しの可否判断 ハイヒールで足首にはGPS

PR

裁判所に向かうファーウェイ副会長兼CFOの孟晩舟被告。足首には所在確認できる機器を装着している=20日、カナダ(ロイター)
裁判所に向かうファーウェイ副会長兼CFOの孟晩舟被告。足首には所在確認できる機器を装着している=20日、カナダ(ロイター)

 【ニューヨーク=上塚真由】米司法当局に詐欺罪などで起訴された中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)副会長兼最高財務責任者(CFO)の孟晩舟(もう・ばんしゅう)被告=保釈中=(47)について、米国への身柄引き渡しの可否を決める審理が20日、カナダ西部バンクーバーの裁判所で始まった。孟被告側は、米国への引き渡しを認める根拠はないとして争う構えを改めて示した。

 米国はカナダに身柄引き渡しを要請しているが、カナダの国内法は、米国で起訴された行為がカナダでも違法だとみなされない限り、身柄の引き渡しを禁じている。今回の審理では、起訴内容がカナダでも罪にあたるかどうか、カナダ当局の逮捕手続きに違法性はなかったかどうか-の2点が主な争点となっている。

 孟被告は2018年12月、米国の要請を受けたカナダ当局によってバンクーバーの空港で拘束された。米国で19年1月、米政府による対イラン独自制裁に違反し、金融機関に虚偽の説明をしたなどとして詐欺罪などで起訴された。

 孟被告をめぐる問題は米中間の貿易摩擦やハイテク覇権争いの象徴となっており、審理の行方が注目されている。審理の日程は今秋まで数回にわけて組まれており、上訴することが可能なため、長期化も予想されている。

 孟被告は、水玉模様の黒のワンピース姿で出廷。裁判所の建物に入る際にはハイヒールをはいた足首にGPS(衛星利用測位システム)付きの追跡装置を装着しており、報道陣に手を振る場面もあった。孟被告は逮捕から10日後にGPS装着などを条件に保釈され、バンクーバーの自宅に滞在している。

 地元メディアによると、孟被告の弁護人は20日の審理で「問題は米国がイランに科した制裁に基づくものだ。カナダはこの制裁を拒否した」と述べ、カナダでは罪に当たらず、引き渡しを認める根拠はないと主張した。

 身柄引き渡しの可否をめぐる当局と被告側の主張は対立しており、審理は長期化が予想される一方、判事が逮捕手続きの不当性を認めた場合は審理が中止される可能性があるため、先行きは見通せない。

 米中は今月15日に貿易協議の「第1段階」の合意に達したが、米国による第5世代(5G)移動通信システムからのファーウェイ製品排除については問題が先送りされ、米中間の火種の1つとなっている。孟被告の逮捕を受けて中国はカナダ人2人を拘束し、この両国の関係も悪化した。ファーウェイのカナダ法人は20日、ツイッターで「カナダの司法制度が孟氏の無実を証明すると信じている」とする声明を出した。

この記事を共有する

関連トピックス

おすすめ情報