PR

ロシア外相代行、「日本は米国の露敵視戦略の一部」 平和交渉は困難

PR

 17日、モスクワのロシア外務省で記者会見するラブロフ外相代行(共同)
 17日、モスクワのロシア外務省で記者会見するラブロフ外相代行(共同)

 【モスクワ=小野田雄一】ロシアのラブロフ外相代行は17日、年頭記者会見を行い、日露平和条約交渉について「日本はロシアを敵視する米国の対露戦略の一部だ」とし、日米同盟が交渉を困難にしているとの認識を改めて表明した。

 ラブロフ氏は「米国と同盟国との文書や声明を読めば、米国がロシアを敵対国と位置付けていることが分かる」と指摘。日米同盟が存在する中で「どのように将来の(日露)関係が発展していくのかを理解したい」と述べた。

 また、米国について「国際的安全保障体制を破壊し、独自に考え出した世界秩序で置き換えようとしている米国が世界を不安定化させている」と指摘。中距離核戦力(INF)全廃条約の破棄や新戦略兵器削減条約(新START)延長への米国の消極姿勢、イランなど中東地域での米国の行動はその表れだとした。

この記事を共有する

おすすめ情報