PR

英国の駐イラン大使が一時拘束 英外相が抗議

PR

犠牲となった新婚夫婦の写真を掲げるデモ参加者=11日、テヘラン(ロイター)
犠牲となった新婚夫婦の写真を掲げるデモ参加者=11日、テヘラン(ロイター)

 【ロンドン=板東和正】英政府は11日、同国の駐イラン大使が同日、テヘランでイラン当局に一時拘束されたと発表した。英メディアによると、大使は、イラン政府がウクライナ機撃墜を認めたことを受けて発生した抗議デモの現場付近に居合わせていたという。ラーブ英外相は拘束を受け、「大使を根拠や説明なしに拘束したことは、紛れもない国際法の違反だ」とイランを非難する声明を発表した。

 英BBC放送(電子版)などによると、大使は11日、撃墜されたウクライナ機の被害者を追悼する集会に出席していたが、集会はやがてデモに発展。大使はその後、大使館に戻るために現場を離れたが、途中で拘束され、約3時間の拘束後に解放された。

 BBCによると、イランのメディアは、大使がデモを扇動したとして告発されたと指摘しているという。

この記事を共有する

おすすめ情報