PR

ICPO、ゴーン被告手配書を公開

PR

レバノンの首都ベイルートで会見したカルロス・ゴーン被告=8日(ロイター)
レバノンの首都ベイルートで会見したカルロス・ゴーン被告=8日(ロイター)

 【パリ=三井美奈】国際刑事警察機構(ICPO、本部・仏リヨン)は8日、カルロス・ゴーン被告に対する国際逮捕手配書をインターネット上で公開した。

 公開されたのは「赤手配」と呼ばれ、ICPOの国際手配のなかで最も緊急性が高いもの。被疑者の所在特定や逮捕を求めるが、強制力はない。ネット上の手配書には日本での容疑、ゴーン被告の年令、国籍や使用言語が記されている。写真はない。ICPOの手配書は日本の要請で出され、レバノン当局は2日に受け取っている。

この記事を共有する

おすすめ情報