PR

「自衛権の行使」イラン国連大使 国連に書簡

PR

 【ニューヨーク=上塚真由】イランのラバンチ国連大使は8日、国連のグテレス事務総長と安全保障理事会の議長あてに書簡を送り、米軍が駐留するイラク軍基地への攻撃について「国連憲章で定められた自衛権の行使だ」と主張した。一方で、「(事態の)緊迫化や戦争は求めていない」と強調した。

 書簡では、米軍によるイラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官殺害は「卑怯な攻撃」と批判した上で、米軍が駐留する基地への攻撃について「慎重で釣り合いの取れた軍事行動」だったと主張。また、「的確かつ軍事目的の作戦であり、民間人や民間人の施設には巻き添えの被害を与えることはなかった」と説明した。

 今回の事態に対し「責任を負うべきは米国だ」と強調し、イランは「世界の平和と安全の維持に寄与している」と訴えた。

この記事を共有する

おすすめ情報