PR

ゴーン被告 日産と検察が共謀と主張

PR

記者会見するカルロス・ゴーン被告=8日、ベイルート(AP)
記者会見するカルロス・ゴーン被告=8日、ベイルート(AP)

 【ベイルート=佐藤貴生】保釈中に逃亡した日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告(65)=会社法違反(特別背任)などの罪で起訴=は8日午後3時(日本時間同日午後10時)、レバノンの首都ベイルートで記者会見した。自身の無実を訴え、日本の司法制度を批判した。

 ゴーン被告は会見で、自身にかけられた嫌疑について「根拠がなく、検察官は記者に偽りの情報を流し、証拠を隠した」と主張。「私は無実だ」と訴えた。

 日本の司法制度については「推定有罪」の原則がはびこっているとして批判し、「乱暴に拘束され、家族や友人から引き離された」と強い不満を示した。2018年11月に逮捕されて以降、「一瞬たりとも自由を味わったことはない」とも強調した。

 日本から逃亡した理由について、「自身と家族を守るために日本を離れるしかなかった」と持論を展開。逃亡方法に関しては、明らかにすることを拒んだ。

 日産で自身に対するクーデターがあったと主張し、その黒幕として西川広人・前社長兼最高経営責任者(CEO)をはじめとする当時の経営幹部らの名前を列挙した。

 ただ、レバノン政府の利益に反するとして、事件に関与したとされる日本政府関係者の名前は明かさないと述べた。

 ゴーン被告はまた、「日産と検察の共謀が至る所にあった」と主張し、「私を有罪に陥れようとした」などと批判した。

この記事を共有する

おすすめ情報