PR

「今年も権力者に圧力」 グレタさん、初訪日にも意欲

PR

スウェーデンの環境活動家、グレタ・トゥンベリさん=4月22日、英ロンドン
スウェーデンの環境活動家、グレタ・トゥンベリさん=4月22日、英ロンドン

 地球温暖化防止を目指す世界的運動の象徴的存在となっているスウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさん(17)が3日、首都ストックホルムで共同通信の単独取材に応じ、温暖化対策の強化に向け「今年も権力を持つ人たちに圧力をかけ、人々に意識を広め続ける」と語った。招待されれば初訪日するとの意欲も示した。

 昨年、ヨットを移動手段にして参加した気候行動サミットや、国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)を振り返り「会議に招待されなかった人々も含め私たちの声を伝え、他で得られない経験ができた」と強調した。

 今年の国外での活動については、各国の政財界人が集まる1月下旬の世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)に、昨年に続き参加すると表明。

 日本の若者に対し、温暖化危機に向けた連帯を要請。「対策を避け、私たちの世代を裏切ってきたこれまでの世代や権力者に対し、未来を守る仕事をするよう圧力をかけなければならない」とメッセージを送った。(共同)

この記事を共有する

おすすめ情報